自己成長につなげるインプット術 導入編

この記事は約4分で読めます。
  • せっかくお金払ってセミナーに参加したのに、何も吸収できない
  • 本を読んだけど、読み終わったころには内容を忘れてしまう

私はこんなことに悩まされていました。
このままでは自分の成長が止まってしまのではないか、そう悩んでいました。

あなたも同じような悩みはありませんか?

そんな時、樺沢紫苑さんの著書『学び効率が最大化するインプット大全』に出会い
ブログとTwitterを始めるきっかけになりました。

この本で学んだことは、

  • アウトプットで成果を出すには質の良いインプットが必要!
  • インプット術を身につけることで、学びの効率は最大化する!

インプットとは「情報を入力・吸収すること」 

会議の資料を読んだり、メールチェックをしたり
本や講義から学んだり、インターネットで検索したり・・・

日々の生活に欠かせないことですよね。

私がまさに悩んでいたことです。

今回は、この本で紹介されている102個ものインプット術の中から
特に重要だと感じたポイントをまとめ、効率良い学び方を考えていきたいと思います。

インプットの大原則

なんとなくはNG

普段どのような気持ちで本を読んだり、セミナーを聞いたりしていますか?
情報が素通りしているだけで内容を覚えていなければインプットとは言えません。

読んだものや見聞きしたものを記憶にとどめて、初めてインプットになるのです。

深く読む、注意して聞く、観察する

という意識が必要です!

まずはなんとなくの姿勢をやめて、しっかりと情報を学びにつなげていきましょう!

インプットのために目標設定する

インプットの精度を高めるためには、
何のためにインプットする必要があるのか、ゴールや目標を設定しましょう!

なぜこのセミナーに参加するのか?という質問に対して、
「仕事の役に立ちそうだから」という理由では何を目指せばいいのかわかりません。

「会社のあるプロジェクトでAIを使えるようにしたい」という目標に対して
そのためにはどのくらいの知識が必要か。
またいつまでの期間でそれを目指すか。

こうやって具体的に方向性を決めることで
どんなセミナーを選べばいいか、
どんなことを質問すればいいかなどがわかりやすくなります。

目標を具体的にしてそのための行動計画を練ることの重要性は
『やり抜く人の9つの習慣』でも紹介されています。

自分にとって必要なことを明確にして成長につなげましょう!

インプットとアウトプットは表裏一体

インプットした情報をアウトプットするという流れがイメージにありますが
実際は同時進行であることが多いです。

会議中に重要だと思ったことをメモすることもそうです。

「話を聞く」というインプット行為と
「メモに書く」というアウトプット行為を両方しますよね。

どちらか一方に集中するのではなく、
インプットとアウトプットを同時に行うことを心がけることが大切です!


上記のことを前提として、
実際にどのようにインプットするのが効果的であるかを見ていきましょう。

効果的なインプット術

アウトプット前提でインプットする

アウトプットとは、「書く」「話す」「行動する」こと。
本をなんとなく読んだだけの「ザル読み」では、人に内容の説明はできません。

「読んだ後に人に説明するぞ!」という意識だけで心理的にプレッシャーがかかります。
脳へのプレッシャーによって集中力が高まり、記憶力、思考力、判断力も高まるのです。

プレゼンで発表すると思うといつもよりちゃんと聞こうと思いますよね!
ブログやSNSに感想をシェアすると決めて読むのも効果的です。

アウトプット前提の心構えだけで、インプット効果は100倍にも増えます。
是非、実践してみましょう!

インプットする情報を選ぶ

インプットしようとなると、なるべく多く情報を入れよう!と思いがちですが、
量を重視してやみくもにインプットするのではなく、
まずは質を確保した上で、量を目指すというのが大切です。

インプットの質を高めるには、必要な情報との仕分けをすることが効果的

自分にとって必要な情報を集めるためには

「自分が興味、関心のあるものを3つ挙げる」という方法があります。

興味のあるテーマを3つ設定すると、脳内にアンテナが立ち
それに関連する本やニュースが簡単に見つけやすくなります。

例えば私の最も興味・関心のあるテーマは
「ビジネススキル」「ブログ運営」「資産運用」の3つです。

テーマを設定してから私の時間の使い方は大きく変わりました。

今までよく見ていたプロ野球ニュースやゴシップ記事にはほとんど目がいかず、
「ビジネススキル」「ブログ運営」「資産運用」関連の本に自然と目が行くようになりました。

自分に必要な情報・知識だけに狙いを定め、確実にインプットする意識を持ちましょう!

まとめ

いかがだったでしょうか。

「アウトプット前提」と「インプット情報の選択」

これを意識するだけで学びの効率は格段にアップしそうですよね!

では、このインプット術をどのように実践したらいいのか、
具体的なインプット方法は以下の記事で紹介しています。

⇒記憶に残って忘れない!ビジネス書のインプット術5選

コメント

タイトルとURLをコピーしました