TOEICの点数が絶対に上がる!問題集の使い方

この記事は約5分で読めます。

TOEICの勉強法の王道と言えば、「模試」ですよね!

ですが、あなたは模試をちゃんと使いこなせていますか?
模試を1回解いて、答え合わせしただけで満足しているんじゃないですか?

実際に、私は1回解いただけで満足してしまっていました。
そのためか、3回試験を受けて全て800点前後と、完全に伸び悩んでいました。

「TOEIC800点で頭打ちか。。。」

そんな風に考えていました。

ですが、 会社の上司から

「TOEIC900点以上を目指してほしい」

と言われたことをきっかけに勉強方法を見直し、
910点まで上げることができました。

勉強方法を見直す過程で気付いたことは、

1つの模試は最低でも3回解くことが必要

ということです。

「1つの模試を3回解く」とはどういうことか。
簡単に図解しました。

図解の詳しい内容について、ここから詳しく解説していきます!

①時間を計って解く

まずは本番と同じように、2時間計って解きましょう。

2時間ぶっ続けで解くのって大変ですよね

本番と同じ形式で解くことで、集中して解く練習になります。

どうしても2時間も時間をとれない、という場合はリスニングとリーディングに分けて解くのでもOKです。

ただし、本番は間に休憩時間があるわけではないので、ある程度は連続して解いてみましょう。

②解ききれなかった問題を解く

TOEICって、2時間で全ての問題を解ききるのって大変ですよね。

本番では残り1分で10問解き終わっていなかったら、残りを全部適当にマーク!

ってする人が大半でしょう。
もちろん、そのやり方は間違っておりません。

しかし、練習ではそんなことをする必要はないですよね。

解ききれなかった問題は、しっかりと時間を計って全て解き切りましょう。

ただし、時間内に解いた問題と解けなかった問題は、しっかりと区別しましょうね!

「模試を解く」ということは、自分の現在地を理解することも目的の1つ。

あくまでも、2時間で解ききった部分までが、今の自分の実力です!

③リスニング問題を、1問ずつ解き直す

ここからは、解いた模試の復習になります。

リスニング問題は、1問ずつ解き直し、答え合わせをする、を繰り返していきましょう。

part3とpart4は1題あたり3問なので、3問ずつ解き直すのがいいですね。

ちなみに、答え合わせをするのは解き直しをする前でも、後でも構いません。
自分に合った方法を探してみましょう。

解き直しをするときに大事なのは以下の3点です。

解説をしっかりと読む

解答には必ず解説文が書いてありますよね。

解説文を読んで、

  • もし正解したなら、正解理由が自分の理解とあっているか
  • もし間違えたなら、なぜ間違えてしまったのか

をしっかりとチェックしましょう。

TOEICの場合、正解となるパターンやひっかけのパターンがあります。

これらのパターンを覚えるためにも、全ての選択肢に目を通し、理解することが大切です。

わからない単語をチェックする

解説にある音声で流れる原文を読んで、わからない単語があるかチェックしましょう。

もしあった場合は、単語帳にまとめるのがおススメです。

私の場合は、「WordHolic」というスマホアプリを使ってよく見返していました。

④リーディングを時間を気にせず解き直す

リーディング問題は、最初に答え合わせ!ではなく、
時間を気にせず、じっくり考えて解き直してみましょう。

2回目の目的は、時間をかければ正解できる問題が増えるかを知ること。

1回目で間違えた問題のうち、

  • 時間をかければ正解できる問題は「理解スピード
  • 時間をかけても正解できない問題は「知識不足

が主な課題になると判断できます。

最初に答え合わせをしてしまうと、その答えが記憶に残ってしまって回答に繋がることが多いです。
そのため、解き直しを行ってから答え合わせをするのがおススメです!

この解き直しを行う際におススメなのが、1回目に使った解答用紙をもう一度使うこと。

これが実際に私がやった解き直し例です。

  • 黒マークが1回目の回答
  • 緑マークが2回目に解いて、1回目と異なる解答
  • 赤マークが2回とも間違えた解答

こうやってみると、特にpart7で時間をかければ正解できた数が増える、ということが丸わかりですね!

⑤リーディングの答え合わせをする

2回解いた後は、しっかりと解説を確認していきましょう。

ここで大事なのは以下の2点。

知らない単語をチェックする

リスニングと同様に、わからない単語やフレーズがあったら1つずつチェックしていきましょう。

TOEICでは、”reimburse”のような、難しい単語がでてくることもあります。

この単語の意味は「払い戻す」なのですが、日常生活ではなかなか聞かない単語ですよね。

しかしTOEICの場合、reimburseは頻出単語なのです。

リーディング問題では特に「難しいけどよく出題される」単語が出てくるので、
高得点を狙いたいなら、必ずチェックしていきましょう!

正解した問題も解説をチェックする

ちゃんと正解できたから、復習しなくてもOK!

って思いがちですが、この考えは間違いです。

例えばpart5(文章穴埋め問題)の場合、

  • 他の選択肢の単語の意味、わかってますか?
  • その選択肢が正解である理由、説明できますか?

「どっちも問題ない!」

っていうなら大丈夫ですが、そんな人殆どいないですよね?

5.数週間後、時間を計って全て解き直す

数週間立って記憶が薄れてきたら、もう一回時間を計って解き直してみましょう!

正解を覚えている部分もあるかもしれませんが、
解き直してみると、自分の成長を感じられるはずです。

3回目の模試では正解できた部分をまた復習する必要はないですが、
間違えたところは同じように復習しましょう!

まとめ

いかがだったでしょうか。

模試は1回解いたら、その達成感から満足してしまいがちですが、
ここまで使い切ることで成果が発揮できるのです。

この方法で3~4種類の模試を解けば、50点以上点数を伸ばすことも夢じゃないでしょう。

模試を効果的に使って、点数UPを目指していきましょう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました